歯を失ってしまったら早めに治療しましょう

歯を失ってしまったら早めに治療しましょう

虫歯や歯周病などで、歯を失ってしまうことがあります。歯を1本失った状態をそのままにしておくと、お口全体の咬み合わせのバランスが崩れ、残っている歯に負担がかかり、ほかの歯の寿命を縮めてしまいます。歯には咀嚼や発音などの大切な役割があり、1本でも失ってしまうと生活に不具合が生じてしまうので注意が必要です。

歯を失った場合の治療について

歯を失った場合の治療について

食生活は健康に大きく影響します。JR摂津富田駅にある茨木市からも来院しやすい歯医者「ホワイト歯科医院」では、歯を失っても以前と変わらない食生活を続けていただくために「入れ歯治療」や「ブリッジ治療」をご提供しています。それぞれの治療法にはメリット・デメリットがありますので、特徴をしっかりご理解いただけるよう、丁寧にお伝えすることを心がけております。

当院ではできるだけ削らない治療を心がけています

当院では「天然歯に勝る人工歯はない」と考えており、できるだけ歯を残す治療を基本にしています。入れ歯治療やブリッジ治療において歯を削らなければならない場合は、できるだけ削る範囲を少なくできるように努めています。

入れ歯治療

入れ歯(義歯・デンチャー)には、保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自分の希望に合う特徴を持った入れ歯を選ぶことが大切です。

入れ歯治療
取り扱いの自費診療入れ歯について

金属床義歯

金属床義歯

床の大部分を金属でつくった入れ歯です。部分入れ歯でも総入れ歯でも加工可能です。丈夫で薄くつくることができるので、レジン床の義歯と比べて異物感が少なく、口の中が広く感じられます。食べ物の熱が伝わりやすく、味覚を助けるのもメリットです。金属の種類によって装着感や軽さ、費用が異なります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

歯にかける金属のバネ(クラスプ)がない部分入れ歯です。特殊な柔軟性のある樹脂でつくります。レジン床義歯より薄くつくることができ、フィット感があります。丈夫でバネがないので目立ちません。歯を失った部分が多い場合や、咬み合わせによっては作製できないことがあります。また、経年により変色することがあります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根がある場合、そこに磁性金属を埋め込み、入れ歯に小さな磁石を装着して、磁力で入れ歯を固定する方法です。金属のバネ(クラスプ)で入れ歯を固定すると、残っている歯にかかる横向きの力が歯に大きなダメージを与えてしまいますが、マグネットデンチャーならその負担を少なく抑えられます。固定装置が見えないので見た目が自然で、しっかり固定するので力を入れて咬むことができます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

生体シリコンで入れ歯の内側を覆っているのがシリコンデンチャーです。歯ぐきに当たる部分が柔らかくフィット感があり、入れ歯と歯ぐきの間に食べかすが入り込みにくいので、痛みの軽減につながります。グッと咬みしめることができるのでよく咬めます。シリコンは汚れがつきやすいので、こまめな洗浄が必要です。

ブリッジ治療とは

失った歯の隣の歯を削って支台にし、橋(ブリッジ)のように連結した人工歯を装着して失った歯の機能を補う治療法です。1本の抜けた歯を補うために少なくとも左右2本の健康な歯を土台にする必要があります。咬む力が強い部位の場合は、3本以上の健康な歯を支台にすることもあります。また、当院ではブリッジ治療の支えになる2本の歯は最小限に削るのを抑えています。

【当院はバリアフリー設計です】 入れ歯治療やブリッジ治療を受ける方の多くはご高齢の方。足が不自由な方や、車椅子が必要な場合、一般的な歯科医院だと移動するだけでも大変です。高槻の歯医者「ホワイト歯科医院」では、患者様の負担を少しでも軽減できるよう院内をバリアフリー設計にしています。靴のまま、そして車いすのまま診療室まで入っていただけます。

バリアフリーですので足が不自由な方でも安心してご来院いただけます 院内について詳しくはこちらをご覧ください

子供の歯は虫歯になりやすいのをご存じですか? 小児歯科では予防中心にお口の健康を守ります 詳しくはこちらをご覧ください